sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2008年03月

椿開花

三年経って初めて開花しました。
椿
















昨日の桜開花宣言を受けて、デジカメを持って散歩に行った。
マーヤ君が、急に走り出してデジカメを落とした。
うわ〜壊れた。
「・・・・・。」

そんな事で今日は、携帯で撮りました。

夜の散歩

桃













満開の桃
月












雲と月の光が、幻想的

インスタント

7410d699.JPG先日籠屋さんで、発見。
置いているのだから、美味しいのであろう。
全幅の信頼をおいている、秋元さんである。
しかし、「これ美味しい?」の言葉は、これいかに。
答えは「志美津やさんに言うのもなんですが」
「こう言う物の中じゃ旨いです」
置いてあったインスタントの九州ラーメンでの会話である。
とんこつ・カレー・辛子味噌を、購入。

野菜を炒めて乗っけて食べました。
家族の中で、この麺が嫌いの意見が約一名。(九州ラーメンはこんなんだ!!)
カレーが一番人気でありました。
ま、こう言う物の中では、ちょっと高いけど美味しい。
130円と145円(カレーのみ)でした。

桜満開

寒桜

















駐車場入り口左側の寒緋桜
駐車場入り口






駐車場入り口右側の緋寒桜
カンヒザクラ












駐車場横の通りをちょっと歩き右手。
左が大島桜  右が河津桜
左 大島桜  右 河津桜












おまけ 電力中央研究所の彼岸桜
彼岸桜












満開の桜につられて、ご近所桜ポタ!!

島酒、島料理の会

温暖な気候である八丈島も焼酎造りに適しており、古くから芋焼酎、麦焼酎そして八丈島特有の芋麦ブレンドの3種類造っています。ゲストに昨年dancyuで一面を飾ったスター小宮山善友氏を向かえ、八丈の魅力を語って頂きます。と、言う趣意の元、会が始まった。
最初の案内では、八丈島づくしとの事だった。
が、壱岐が殴り込みだ。
ここで、八丈島対壱岐の様相である。(ちょっとあおって見た)!!
八丈焼酎・壱岐焼酎ラインナップ













まず、先行八丈島(酔っ払ってわからなくなるので、リスト順に)
「情け島」からスタート。
「麦冠情け島」
「八丈鬼ころし25度」
「八丈鬼ころし35度」
「あがりやれ」
「黄八丈」
「磯むすめ」
「青酎」

もう、判らん。
それぞれ、違いますね。
情け島は、誰でも飲みやすいから始まり、青酎の個性的で、原材料の甘さ強烈!!

壱岐までいきつかない・・・。(笑う所ね)
やっとここから、壱岐だ。
「無一物」はあとに取っといて・・・。
「九十九」
「なでしこ」
「玉姫」
「壱州」のお湯割り
ここで、壱岐の代表の
「無一物」
最後は、「長崎の香りユズリキュール」で〆ね。
なでしこ酵母は、特徴が出ますね。
無一物はさすが、樽長期貯蔵でウィスキーです。
最後のリキュールは、女性客が多い店に受けます。
壱岐は、商品の幅が広い。

明日葉の胡麻和えは初めて食べました。
このちょっとした癖が、焼酎に合います。

こんな会を開催してくれた「籠屋」さんと関係者に感謝!!
Archives
livedoor プロフィール

志美津や

昭和39年 4月16日 
狛江市西野川で開業
昭和48年 9月 3日 
現在地 東野川に移転
平成10年 3月14日 
元アメリカ合衆国大統領
ジミーカーター氏ご来店

二代目店主
平成 3年「志美津屋」入店
平成 6年10月    
手打ちそばの販売開始
平成 8年 6月    
十割そばの販売開始

平成11年 7月13日 
改装開店・自家製粉開始

  • ライブドアブログ