sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2008年06月

全国麺類飲食業者京都大会二日目

今日は、京都観光
写真だけでごまかしますですございます。
平安神宮
平安神宮












龍安寺
龍安寺













金閣寺
金閣寺













天竜寺
天竜寺














東京19:40着
真直ぐ帰れず、皆で居酒屋へ直行っす。
反省会を行いました。(ただの〆会?)
肉体的?・精神的にも、リフレッシュできた。
明日から、仕事頑張りますよ。(ちょっと無理やり♪♪)

追・・・京都駅で、「赤福」発見 ゲットです。(笑)

全国麺類飲食業者京都大会

オープニングは祇園芸妓の「手打ち」
手打ち
歌舞伎役者の歓迎に行われていた、京都の方でも余り目にする事がないそうです。
全国麺類飲食業者の集まりだけに、手打ちがよろしいようです。
挨拶・祝辞・表彰など式次第が続きその後
祝舞「石橋」能楽
能









二部 交流会  芸妓・舞妓さんによる御出迎え
御出迎え









ご祝儀「お祭り」
お祭り

 







京都らしく、お新香のお寿司
寿司
ビールは、やっぱり
「エビス」です。
(社長!!宣伝しといたよ。笑)





賑(にぎわ)い「祇園小唄」
祇園小唄









本日の晩ご飯は、会場を移して各料亭へ 
私は、瓢亭を選びました。
 
つくばい
つくばい









通路
通路









室内
室内









軸






席 足を下ろして座れます。(嬉)
席









芸妓さん
舞妓さんの舞
舞









食事が、始まりました。
先付






先付
水無月豆腐
水無月豆腐









帆立の胡瓜はさみ
帆立の胡瓜はさみ









向付 明石鯛へぎ造り
向付









煮物椀 
煮物椀









八寸 瓢亭玉子 穴子小袖寿司  油目南蛮漬 青梅煮 目板鰈一夜干若狭焼き
八寸

















畳半畳の通路の中に、お豆さんが落ちている!?
先ほどの、水無月豆腐のお豆さんに違いない。
お〜仲居さん踏みそう・・・おっ   助かった。後、5cm。
お〜また、来た〜。 下見てないぞ!! おっ・・・おっ・・・後、2cm。
又、来た。 今度は、芸妓はんだ・・・。
着物畳を掃除しているような、こんな着物を着ています。
(着物のイメージ写真ね)
絶対ピンチ!!  ちょっと「いけず」して観察をする事にする。
おっ・・・・・・・・さすがどすぇ。  下見て歩いている。(おぬし、できるな) ほんの零コン数秒立ち止り さっとすそを上げて、なんなく突破した。  
おっ・・・・・流石。 舞妓では、無理かもしれない。
この後、仲居さんに言って拾ってもらったのは言うまでもない。
この、勝負おいらの負けや。 また、出直しや。
後で、当人と話しをしたが、よくある事らしい。着物が汚れないように、注意をしているとの事でした。


すいません。ちょっと飲みすぎました。



盃は、お金を飲み干す。 どちら向きがいいかは、お好みでと言う事でした。
注がれれば、拒まず飲んでたら、強肴の写真撮るの忘れちゃったよ〜(涙)
盃強肴 賀茂茄子木の芽味噌の残り(少くな!!遅!!)
強肴 賀茂茄子木の芽味噌






炊合せ 冷たくて、お上品でいいお味
炊合せ









焼物 頭から食べられます。時間が経っても温かだった。
鮎









止椀 赤だし止椀     

ご飯 生姜ご飯
ご飯      




香の物
香の物




水物 枇杷のコンポート キーウィ コアントローのジュレかけ
水物 










ご主人と女将さんに、お見送りしていただきホテルへと向かいました。
美味しかった。
又、来たい!!
次は、「朝粥」が、攻撃目標だな。
芸妓さんや舞妓さんは、皆「朝粥」食べた事があるもんだとリサーチしたが、そうでもないらしい。
先日、初めて東京のお客さんに連れて行ってもらったらしい。
京の旦那はん、気張らなあきまへんな!!

岡本坂ポタ

野川を下り世田谷通り上り線を走る。
砧中学校交差点近くに自転車屋さんが出来た。
バイクショップ
今度覘きに行って見よう。
多摩堤通りから野川を下りる。
多摩堤通りにもう一度出て東名下を通りすぐ左へ。
六郷用水跡から、仙川へ。
水神橋を渡り直進。
「馬坂」を目指す。
馬坂













朝一で、楽勝。
玉川病院周辺をポタ。
一方通行をくだり、仙川を左へ。
NTT瀬田前を左に折れる。
そこが、「慈眼寺坂」だ。
住所は、瀬田ですね。
慈眼寺坂













さっき通った一方通行をもう一度下る。
「無名坂」へ向かう。
おっ!!これは、すごい。
短いが、斜度21%だ。
無名坂













また、へたこいた。
急激な操作の為に、ギヤが外れた。
坂下にいた親父に高笑いされた。
お〜未熟者
もう一度やり直しだ。
ギヤ選択が、正しければ短いし問題ない。
お〜「無名塾」を見学するのを忘れた。
ドミニコ学園前そば屋を下りそのまま直進して、坂を登る。
岡本三丁目の坂をくだり、新坂を通り永安寺脇をくだり六郷用水跡より多摩堤通り。
野川より次大夫堀公園へ入る。




次大夫堀公園













次大夫堀公園は、道路四本で切断されている。
一番大きな通りは多摩堤通りで、その下にトンネルがあり公園が結ばれています。
トンネルの中は、ひんやりしていて気持ちがいい。
トンネル
野川より帰宅。
本日の走行距離 
14.17キロ
平均速度    
15.6キロ
最高速度    
39.0キロ
約一時間の坂道ポタでした。
これで、成城・岡本坂ポタ地図に載っている坂は、すべて制覇した。
おまけ
シャラの花













今年初めての「シャラの花」が、咲きました。

成城・岡本 坂道コース

友人達にも、好評なので公開します。
サイクリング・トレーニング・散歩にも、ご利用ください。

大きな地図で見る

ツール・ド・コマエ


大きな地図で見る
コマエ一周自転車レース、それが、「ツール・ド・コマエ」 だ。
選ばれし男の闘いに、コマエ中が熱狂する。
出場が認められたのは、全1チームのただ1人のみだ。
それゆえ選手は威信と誇りを背負って走るのだ。




いい加減にしろ!!
はい、すんまそ!!




つまり、狛江市を一周ポタしょうという企画です。
壮大な夢と野望である。(わけないね。)
野川谷戸橋をスタートして
水道道路を右に行く予定が、コースアウト。
誘導員しっかりしろよ!!
多摩川に出て、ジャリ道の多摩サイを遡上します。(サーモンか!)
報道員写真撮ってよ!!
えぇ、セルフですか。(カメラ持ってないよ)
携帯電話で、多摩水道橋にて、記念撮影。(普通選手が、記念撮影しないでしょ)
78888ad0.jpg
多摩川住宅を抜けて、慈恵医大病院へ。(コースミス?)
狛江通りを左に折れて、元登記所前から野川へ
一緒に信号待ちしていた、お姉さんがフライディング!!
30mを抜き返す。
最後の直線、野川をくだるのみだ。
ラストスパート
しかし、観客が多くて飛ばせません。(えっ散歩)

ゴーーーーーーーーーーーーーーーール!!

記録 
走行距離    11.58キロ
平均速度    20キロ
最高速度    34.5キロ
タイム     34分44秒

けっこう、小さい市なのです。
すごく、小さい市なのです。
たいへん、小さい市なのです。
しかし自転車乗るには、いい環境です。
野川や仙川に多摩川と水道道路に国分寺崖線の坂。
多摩サイは、ジャリ道ですが・・・。

え、次のステージ?
小さい市なので、第一ステージのみで終了です。

Archives
livedoor プロフィール

志美津や

昭和39年 4月16日 
狛江市西野川で開業
昭和48年 9月 3日 
現在地 東野川に移転
平成10年 3月14日 
元アメリカ合衆国大統領
ジミーカーター氏ご来店

二代目店主
平成 3年「志美津屋」入店
平成 6年10月    
手打ちそばの販売開始
平成 8年 6月    
十割そばの販売開始

平成11年 7月13日 
改装開店・自家製粉開始

  • ライブドアブログ