sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2008年11月

ボジョレー解禁

酒屋さんからのメールで、ボジョレー解禁を思い出す。
お酒の事は、すぐやる課の志美津やでございます。
本当は、ボジョレーよりもついでに買うワインの方が重要だったりしますが。
買いに行ったワイン専門の酒屋さんも、
ボジョレーを奥から出してくるような酒屋さんでございますよ。
LVAボジョレーヌーボー キュヴェ・トラディションを一本
そしてお気に入りのディリーワイン コノスルを各種5本購入。
ボジョレー
キュヴェ・トラディションとは、
30年前のボジョレー・ヌーヴォーの造り方
収穫の約2ヶ月前より農薬や化学肥料の使用を中止しする。
全て手摘みで健康な葡萄の果実だけを選んで収穫する。
収穫の時期も通常よりもやや遅して果熟を待って収穫する。
凝縮された果実味としっかりしたボディを持ったワインに仕上がるそうだ。
なるほど
おいおい、やっぱり一本空けちゃったょ。

富士山

富士山













志美津やの住所4丁目13番地を一周すると、
一箇所だけ富士山の見える場所がある。
成城の高台に行かなくてもここからも見える。
何年も住んでいて発見した時には驚いた。
まず見える日数が少ないうえに、
商売をしていると外にもあまり出かけないし、
のんびり散歩する事もない。
どこから見ても日本一の山である。

おでんの具

寒くなってくるとおでんです。
好きなおでんの具を教えてもらいたいと思います。
てぇのが、今日のピックアップテーマーです。

家族の意見は・・・・・・

ちくわぶ
もう大好きなんです、ちくわぶv(@∀@)v

卵とこんにゃくと大根です。
なんで、3つも言うのよ!!

はも天
おっ、渋い
そりゃあ、メーカー次第の様な・・・

私は、大根、こんにゃく、ちくわぶ、さつま揚げ、でも美味しい練り物ならなんでも好きよ。
おいおい、欲張り過ぎ。

私は、翌日食べるおでん。
好きな具の話よ。



ご飯に汁をかけて食べるのが旨い。




・・・
具のねもでない。





福島行き

今週の天気予報で雪マークが出ていると、
福島のそば生産農家より連絡があり、
急遽行く事にしました。
今回の福島行きも、もちろん夜に出発する。
午前1時20分 気温11℃の磐梯山Sで仮眠。
高速料金













快感!!50%OFFうぅぅん、いい響き
我ながら小市民。
会津若松ICを出て、喜多方市へ向かいます。
「喜多方」に朝ラーをしに、「キタカッタ」なのです。
朝ラーは、もちろん朝にラーメンのことなんです。
喜一
喜一
福島県喜多方市字大谷池田3923
電話番号:0241-24-2480
営業時間:7:00-19:00
定休日:無休


醤油ラーメン
熟成醤油ラーメン
ラーメンは小さめのチャーシューが4枚のっかって500円。
麺は多加水の縮れ麺です。
ちじれていると言うよりも、麺線の断面がじぐざぐと言う方が解り易いでしょう。
柔らかさのなかに腰があり、太さが均一でない所の食感ともちもち感が心地よい。
最初の香りがちょっと気になったが、スープは澄んだ醤油味。
塩ラーメンもある。
辛党の人は『赤魂』(30食限定)もメニューにありました。
ちじれ麺













初めて挑戦  ラオタ撮り  (ヘタですんまそ)
7時40分に入店したのですが、福島ナンバーの車が何台か停まっています。
その後も入れ替わり立ち代り状態でした。
地元の人に「朝ラー」は定着してますね。
山道
燃えさかる木々の中を
落ち葉のシャワーを浴びながら
山道をひた走り








紅葉













標高も高くなりガスって来たあたりから、わき道へ入り
急坂をくねくねと下りきったあたりに集落がある。
そば農家さん宅だ。
玄そばを受け取り野菜をお土産に頂いた。
試験栽培の辛味大根
辛味大根












農家さんは、「赤辛味」と言っていたが、おそらく
「からいね赤」なのだろう。
大変辛いようだが、大きさが大き過ぎて気になる。
良ければ来年使ってみたい。
紅葉2













ここ何年か会津に通っていますが、今までで一番綺麗でした。
会津若松の酒屋さんに寄り道。
酒屋



「飛露喜」狙いで立ち寄ったのだが、どうせ無いだろうと・・・
「末廣」を買う。
次のお客さんが、買っているではないか。
店員さんに聞くと「はい、ありますよ。今日が発売日なんです。」
10時には、売り切れる時もあると言う。
現地で買う「飛露喜」は、何とも嬉しい。
「やったぁ。残り時間15分」
会津地酒













帰り道は首都高四号線が永福で事故渋滞の為三号線より世田谷通りを使ったので、

志美津やに着いたら
走行距離ぴったり  七〇〇km
すぐに、低温倉庫にそばを全部運んで、
酒屋で日本酒を仕入れ、
もう一軒の酒屋でワインを買って、
珈琲屋さんで生豆を買って、珈琲豆を焙煎する。
焙煎
あ〜なんて充実した、休日なんでしょう。(笑)

今年は柿が豊作なんでしょうか。
いろんな所から、いっぱい集まって来ます。
柿










柿の皮です。
何にしてる?
食べるたびに入れて、天日乾燥します。
今日は除湿機で乾燥中だ。
たんあん作りに使うそうだ。
どれくらい、いるんでしょうかね。


もういいんじゃないんでしょうか。
いったいどれだけ漬けるつもりなんでしょうね。




Archives
livedoor プロフィール

志美津や

昭和39年 4月16日 
狛江市西野川で開業
昭和48年 9月 3日 
現在地 東野川に移転
平成10年 3月14日 
元アメリカ合衆国大統領
ジミーカーター氏ご来店

二代目店主
平成 3年「志美津屋」入店
平成 6年10月    
手打ちそばの販売開始
平成 8年 6月    
十割そばの販売開始

平成11年 7月13日 
改装開店・自家製粉開始

  • ライブドアブログ