sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2009年02月

そば会

今日は、代田橋「まるやま」でそば会の日
それまでに確定申告を済ませて、心置き無く参加ができた。
そのご褒美は、美味しい料理と友人達の笑顔である。
まるやま













春ですねぇ。
春の三種













体も温まり
鴨













心も温まる。
鍋













お酒も持ち寄り、それぞれが美味しい。
塩辛













お酒が進む。
0902260010.JPG













差し入れのワインもあり
ワイン













差し入れのヨダレ物のパン
パン













どれも美味しい料理が続き・・・あっ写真の前に食べてしまった。
そばがき













熱々の天ぷらまでも登場
天ぷら













今日のそばは、三種類
そば













リクエストで、温そばまでも
卵とじそば












                     
招き猫頭の中を空っぽにしてひたすら楽しむ。
美味しい料理と美味しいお酒
友人との楽しい時間

明日からまた頑張れる。

自然薯むかご

むかご













千葉の円藤さんにむかごをお願いしましたら、
いつも貰っている(写真右)大きさの物が無くなった。
それで、(写真左)の大粒をいただいた。

食べ比べると・・・
小粒の物は、味が濃くねっとり感が強い。
大きさによって味も変わります。
もちろんおそばもそうです。
と、言っても他の長芋・大和芋のむかごよりも、
美味しいですよ。

後、1ケ月のみの販売です。

招き石臼

いつからか、そば仲間の間で「招き自転車」と言われるようになった。
黒森庵

永福町「黒森庵」
店先の
ご主人の自転車


まるやま


代田橋「まるやま」にも



志美津や

そして「志美津や」にも







その店には、今
「招き石臼」も置いてある。
今、夢中になっているおもちゃである。
石臼
















・・・

今夜は、にぎり寿司で誕生会だ。
娘が、習って来たので作ってもらう。

・・・その予定が、アクシデントの為
娘に習って私がやる。
何年ぶりだろうか。
ちょっと修行が足らん。
友達の寿司屋さんに直接教えてもらうか。


しかし、
スタッフの為にひたすら握る。
合計100個位は、にぎったかな?
寿司

新石臼

なぜ石臼を買う事になったのかは、
話が長くなるので・・・気になる方こちら

そばを挽いても美味しい。
余りにも面白いおもちゃなので、買ってしまいました。
しかし、他の原材料も試したくなる。

先日、石神井の菊谷さんがご来店になった時
「あの店は、手打ひやむぎが美味しい」をきっかけに、
小麦粉の麺の話へ。
「切り麦」は、小麦粉。
そして、「麦切り」の原料は大麦だ。などなど。

知識はあったが、
大麦の粉物は食べた事も又、打ったことも無い。
折角買った石臼で、挽いてミル。(笑って)
大麦













左が精米機にかけた物 右がもみなどの外側部分
もみの部分もついているのですが挽いてしまい、最後に篩いで取り除く。
精米機でもやって見ましたが、どちらとも取り除く量は一緒でした。

400gが残り350gになりました。
左の玄大麦を石臼にかける。
製粉













うどん粉を150g加えて、うどんと同じで塩水で攪拌する。
うどんの様にグルテン感が指に伝わるのだが、
見た目の形状はそばと変わらない。
くくり














くくりに入ったが、こんなにひび割れがある。
踏み













三枚に折りたたみ、踏む。
それを三回。

なんとか麺線になる。
湯で時間が早い。
うどんなら12分以上だが、4分だ。
ちょっと変わった風味。
見た目は、田舎そば
柔らかいが腰もちゃんとある、なんとも曖昧な麺。
デュラム小麦を手打ちにした時に似ている。
ただ、食物繊維は多量に含まれているので、健康にはよい物です。
粉にしなくても、他に美味しい食べ方もある事から麺文化としては発達しなかったのだろう。
次回は、小麦粉を半分入れて作った方が良さそうです。

大・小麦の大小は、穀物の大きさとかでは無く、
美味しいから「大」の文字がつけられているそうです。

本日休業

春です。
梅が散り始め
もう直ぐ桃が咲いて
桜ですが、
一足お先に「河津桜」が満開です。
河津桜













晴れてきました。
こんな日は、そば屋さんで昼酒もいい。
が、午後にちょっとした仕事がある。
残念。


いや、ありがたや ありがたや
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ