sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2009年11月

ガレット

フランスの北西部ブルターニュ地方
どこに行っても町の中心には、クレープ食堂があるそうだ。
本場で食べるよりも日本のそば粉の方が美味しいと聞いた。

それで、中に入れるチーズを探して買ってきた。
それが、「グリュイエールチーズ」だ。
グリュイエールチーズ














そば粉130g
サラダ油小匙2
全卵1個
塩少々
バター20g
水300

この量で、22cmのフライパンに6枚出来る。
フライパンに薄く油を塗る。
種を薄く焼く。
表面が乾いたら具材をのせ、四隅を折る。
チーズが溶けるまで強火で焼く。

最初は、チーズとハム
次は、卵入り
ガレット












子供達もそれぞれ具材を考え作り出す。
きのこをソテー
ベーコンを焼く
スクランブルエック
次々と具材完成。
次々と焼く。
きのこ











ピーマンを醤油でいためた物。
玉ねぎを炒めシーチキンと和えた物。
シーチキン













ジャーマンポテト。
最後の一枚は、かけそば。
この場合は、チーズのみっちゅう事です。
美味しかった。
でも、二度とやらない。
作り手になると、飲めない。

そば会と「ラ ヴィエイユ フランス」

二日間も遊びまくって、粉が間に合いません。どうちょう〜粉まった粉まった。明日は、早いからもう寝るなり。なりはないか。寝るなう。

昨日の危機感も、
なんとか製粉も間に合い・・・
早起きして、二八そばを作る。
そば会の会員の皆さんへのお土産。

仕事で、行くの遅くなってしまったが、だいじょうぶだよ。
茨城の名人が教えてくれている。
年に一回とはいえ皆さん手つき良いよ。

今、そば会から帰って来た。お酒は抜きで、教え役。
お土産は干物。

仕事終わって、牡蠣鍋(けんちんの具入り)中 
もちろん具材は全てわけあり品。 
ご飯粒も食べないで胃の隙間を残しておく。
本当は、別腹ですが・・・

理由は↓
ラ ヴィエイュ フランス














蕎麦会の帰りに、「ラ ヴィエイユ フランス」でケーキを買って帰る。5種類ほど。ショーケースを見た瞬間に、衝撃と期待感が膨らむ。家族で、全て味見。全員一致で「いかす」
ケーキ














いちばん人気は、後列右  3名
一名 後列左
一名 手前左
ちょっと人気先行で、入りにくくて
店内撮影禁止の噂も耳に入り
普段食べるには、勿体無いような気がして敬遠しておりました。
そば会の会場が世田谷粕谷。
店の留守を守ってくれた家族にご褒美です。
念願のお店にやっと立ち寄れた。

「ラ ヴィエイユ フランス」
世田谷区粕谷4-15-6
月休


本日も一部twitter流用したのじゃ。楽じゃ。

日本酒銘柄

0911110017本日よりお酒が替わります。
李白のひやおろしは終了しました。

おすすめのお酒
純米原酒 ひやおろし 宗玄(そうげん)    
石川県珠州市  宗玄酒造「ひやおろし」は、加熱せず冷涼な時期に出荷する秋のお酒です。上品な甘さが口の中で広がる。米の旨みとほどよいコクが、熟成によりまろやかに溶け込んでいます。

原料米:八反錦 精米歩合:55% 酵母:金沢酵母 日本酒度:+4 酸度:1.8 度数:17.3%

やっぱ熟成ですよ。
待ちに待った時間が来ればブログを、
自動更新してくれるようになりました。

千葉稲毛 利兵衛

そば仲間の交流は盛んですが、最近全員で会ってない。
それで今日の「総会」の開催となりました。
そうかい!!そうかい!!天気も爽快!!
駄洒落のウォーミングアップが必要なそば屋さんで開催されました。
千葉稲毛 「そば処 利兵衛」さんです。
利兵衛














「なんでも鑑定団」に出演したあの有名な方ね。
tさんここでyou tube貼り付けの予定なのよ。
削除せんといてよ。(笑)
企画倒れの私・・・

これがお宝
お宝














お酒に付いてきたのは松前漬。
松前漬














どお〜んと鴨肉
鴨














もう一つの鍋は牡蠣と鱈
牡蠣














「ご主人も一緒に飲みましょうよ」
酒器














利兵衛さんは、お酒を飲んでますます
ギャグ連発 
今日の私の役割はつっこみ役なのね。
ご主人が真面目な話の後に
「落ちは無いの!?」

失礼いたしました。役割ですから。
酒














ま〜壮観な絵
この張り紙の理由が解りました。
一緒に飲む意思表示だったのね。(笑)
ご来店のお客様すみません。
私達のせいです。(涙)
お知らせ














「利兵衛さんそろそろ・・・おそば」
請求し続けやっと有り付けたわ。
そばも三種類全て美味しかった。
そば














秘蔵のお酒も46度のさむらいも美味しかった。
ご馳走様でした。
楽しかった。
次は、・・・ふふふ

茨城行き

本日は、茨城のそば買い入れの日。
雨もようの中、無事九時には到着。
そばを積み込み、しばしそばの話と世間話。
その頃には西の空が明るくなった。
手前は、そば畑。
筑西














桜川に立ち寄り
不作の時にお世話になる農家さんに御挨拶。
玄そばをチュックし、受け取り日を確認し別れる。
もう一軒の農家さんに立ち寄り
そば会用の玄そばを受け取る。
この農家さんこそが、我メインの生産者。
なのだが・・・
今年は、一町歩の畑(三〇〇〇坪)で、10対(225圈
300坪で、米袋にひとつですよ。
それも、袋を閉じる回数が普通3回の所、2回しか巻けない。
つまり、同じ重量入れると何時もより嵩が増している。
つまり、実入りが悪いという事なのです。
普通は、刈り取りなんぞしません。
そば会で生産委託している畑なので、貴重なそばなのです。
採算度外視です。
種蒔きが少し遅かったのが、敗因。
しかし、味的には遅まきの方が美味しい場合が多いようです。

その後お蕎麦屋さんで、友人達と合流。
最近一緒の行動が多い「粗挽き4兄弟」ね。(笑)
鬼怒川














鬼怒川
裏山














裏山
垣根














垣根の花々
入り口














今日のお蕎麦屋さんは、守谷「鬼怒川 竹やぶ」
アプローチ














アプローチ
看板














看板は、阿部チック?
そばチップ














車なので、ノンアルコールビールで我慢・我慢。
にしん














主だったつまみを注文。
わさびの茎ににしんに・・・
皆で行くといっぱいいっぱい食べられるのが良いわ。
湯葉














湯葉も汲みあげの感じが素敵。
玉子焼き1/2














二人前より注文の玉子焼きも各皿に盛り別けてくれる。
心遣いがうれしい。
田舎














見た瞬間に美味しいおそばだと分かるのはなぜなんでしょう。
甘くて粗挽き感もたっぷり。
田舎














今日のそばは、新潟産
美味しいわ。
鴨汁つくね入り














汁もつくねも美味しそう。
せいろ














色が綺麗だ。
先ほどのそばと味が同じなので、これも新潟産かな。
両方とも甘味が印象的。
かけ














このメンバーの最後はお決まり かけそばで、〆。
庭














洗面














庭や店内を眺めながら、
そば湯














泡だった濃いそば湯をゆっくり楽しむ。
まったりとよ〜ございます。
栗きんとん













お茶も新しい物を入れてくださり、栗きんとんを頂く。
居心地よくて長居をしてしまいました。
申し訳ございませんでした。
さあ、これから東京に帰って、
「 this is it」を観て来た奥さんと子供達と合流。
つつじヶ丘「シェフ」で晩ご飯。
それぞれが、地鶏・ポーク・ビーフ・牡蠣 そしてハンバーグ
統一しろよ。
と、ちょっと思う。
でも、ちょっとずつ突っついて食べるんだなぁ。これが。
シュフ、ゴメンネ!!
ポーク











今日は、全体的に塩分強めでしたが、相変わらずに美味しい。
最後の珈琲まできちっと美味しい。



明日は、明日でまた・・・楽しみ。
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ