sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

2010年10月

国権 本醸造

燗酒 国権 本醸造   
福島県南会津町  国権酒造 
厳選した酒造用米と地元奥会津の清らかな水を仕込水とし、
米・水・麹・酵母をはじめ、
すべてにわたりこだわりをもって丁寧に仕込んでいる。
            
原料米:タカネミドリ 精米歩合:60% 日本酒度:+1 
酸度:1.3 アルコール:15.3%

長野・新潟農家巡り

日曜日の仕事が終わったら、
すぐに身支度を整える。
晩御飯は、珈琲を入れて珈琲パンとおにぎりを用意。
長野と新潟の玄蕎麦農家さん宅に向けて
さっ、出発。
ユーミンベストで、中央高速へ
八王子ジャンクションより圏央道
関越道より上信越道
松代パーキングで、車中泊。

土日が忙しい郊外の飲食店には、関係ないと思っていた。
「土日祝日高速1000円乗り放題」
1010250040














日曜日の夜に出かけると・・・・・
やめれまへんわ。
うれしい!!

千曲川を渡る。
いつも見る雄大な姿
1010250041














十年以上お付き合いのある飯山の農家さん
今年は、体調がすぐれず蕎麦の栽培が出来なかった。
蕎麦の引き取りは無いのだが、
お顔を拝見してお話をお聞きしたかったのだ。
来年に向けての意欲を聞いてひと安心。
農家さんの作ったもち米をお土産にいただいて・・・
次の目的地新潟へ
県道116号線より
県道95号線で、山越えだ。


かすかに山並
1010250043
















まさかこんな道を自転車で登る人は、



いないだろうなぁ。
途中の見晴らし場所で、景色を望む。



どうですか!!
この景色



綺麗でしょう。
1010250049














たぶん
天気が良ければねぇ。


新潟県に入り
すこし下ったところに
「難局打開の鉄球」
「突入せよ!浅間山荘事件」のロケーションが、
この光ヶ原高原で行われました。
その「碑」へのアプローチ
1010250055














上信越道上越高田インターより
北陸自動車道から
日本海東北自動車道へ

荒川胎内インターで降りる。

二十分も走れば、農家さん宅。

蕎麦栽培の状況をお聞きして、
こちらの要望も伝える。

栽培地を見学させていただく。
もう少しで、山形県です。
山に囲まれたこの地域は、寒暖の差が激しい。
最近では、雪下ろしはしなくてもいいらしい。

薄日も差してきた。
夕日が眺められるかな・・・
1010250065














農家さんと別れて、少し下った所で

大雨

来たついでに、岩舟港に立ち寄る。
一緒に来た、
うちの奥さんは、

夕日が、メインなんですけどね。
1010250073














夕日は、見る事が出来なかったが、
荒々しい日本海を眺めて満足だ。
1010250079














来年こそは、日本海に沈む夕日を見たい。
長野の収量があれば、別々の日に行かねばならぬ。
その時は、笹川流れや遊覧船にも乗ってみたい。

走行距離987.6km

本日の夕食

本日の夕食は、
次女のグラタン

学校で習ったので、作ってみた。


要するに、復習っちゅうわけね。
NEC_0157














おおお・・美味しい!!


プロの味



親ばかです・・・が

レシピは、プロの物ですが。

完成

NEC_0156














完成です。


渋皮も柔らかくできた。

前回よりもいい出来だ。


後は、素材でしょうかね。

三泊四日の料理




レシピあげますよ(笑)

ちたけうどん

栗の渋皮煮のその後・・・
今日は、四回煮ては、流水にさらす事四回。
NEC_0153














これくらい灰汁も無くなって煮汁も綺麗になったら
NEC_0152














水にザラメを入れて、弱火で二十分
冷めたら、
隠し味に醤油を入れて・・・ 一晩置く。





・・・えぇぇ、今日食べられるんじゃなかったのか・・・
三泊四日の明日完成です!!


さて、昨日の話。

畑に行って帰ってきたうちの奥さんが、
育ちすぎた茄子がたくさん採れたから、
あれを作って欲しいと・・・・・


はい、あれって言うのは「ちたけうどん」ちたけを冷凍庫保存している。
これで、最後です。

寂しいわ。

たっぷりの油を熱して一旦コンロからはずす。
ちたけを手で細かく千切っていれる。
再び火にかけて、炒める。
よい香りがして来たらOK
縦に茄子を切って入れる。
最低一人一本は、使う。
NEC_0151














よく炒めしんなりしたら 家族五人前の
水1500ccを入れる。
沸いてきたら、塩小さじ2杯
酒・みりんをそれぞれ50cc
ここで弱火で長めに煮ると茄子に味がしみる。
最後に醤油50cc〜100ccを入れて、味を整える。
ちたけの量や好みで調整する。
NEC_0150














茄子にも味が染みて

旨いぞ〜

子供達にも、好評だ。
店に出せばなんて言われても・・・ねぇ。





もしかして、夕飯作らなくて良かった
奥さんの策略か。
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ