ab403a8f.jpgこれって看板の無い店なのでしょうか。三枚の看板の真ん中が萄Pe'溜の看板です。写真の映りが悪いので見えませんが看板の中央に小さく萄Pe'溜と店名が入っています。知っている人と一緒でなければ、まず来ること出来ません。ギネスの黒生と赤のグラスワインを頂きました。興味深かったのは、葡萄は、一本の木にいくつの房を作るか摘果作業は欠かせません。土の栄養分などは、限られているので美味しい葡萄を作る為には絶対必要である。そばに置き換えた場合も当てはまるのではないか。面白い考えですよね。不可能だろうが・・・。できれば毎年高い品質の物ができるのだろうか。そばの話やお酒の話で時間を忘れてしまいました。