ヤーコン

志美津やでは、毎度おなじみのヤーコンでございます。こちらの農家さんの所も、合併で大和村から桜川市になっていました。今日は、畑のヤーコンを掘ってきました。雹も霜も降ったので、葉や茎は枯れてしまっていました。お茶が作れなくて残念でした。今年の作柄は、悪かった様です。大きな芋が少なかった。しかし、香りは強烈でした。自然薯にも似た香りは、体に良さそうと言う感じです。今では、知名度も上がり何処のそば産地に行っても作っています。又、店でお出ししても、「これは何ですか」との質問も余り聞かなくなってきました。堀たては、甘味は少ないのですが置いておけば果物のようです。フラクトオリゴ糖が分解して甘くなるそうです。