しゅうちゃんさんのブログで水埜さんを取り上げていましたので行ってこようかなぁ。
アドマチック天国の経堂編で第六位にそば経堂&水埜で登場したようです。で、二軒行ってみよう。
経堂経堂せいろそば



 私が、そば屋になる以前からあったそば屋さん。何度か行って休業だったそば屋さん。それは、経堂です。センスのいい小物と落ち着ける店内。そば茶とそばかりんとうが出される。お茶を飲みながらしばし待つ。ちょうどいいタイミングで出される。
気持ちのいい接客。ゆるやかに時が過ぎる。そばかりんとうを買って帰る。よく一茶庵系で売っている奴です。今度は、誰かと経堂で会ったときに夜立ち寄ってみようかな。家族で息の長い経営は、目標とするところです。
水埜

水埜さんは、以前お伺いしたくろむぎさんと同じそば教室の出身です。店内に入るとカウンターに通されました。ご挨拶申し上げて、鴨せいろを注文しました。鴨にもこだわりがある様です。志美津やも、フランス産マグレやシャランの味が好きで使っています。メニューを拝見すると、淡雪や花巻などの温かい高いそばにもこだわりがうかがえる。お酒にも造詣が深そう。そばは、ソフトな口当たりとしっかりした腰。細切りのそばと、鴨汁の相性がいい。鴨や荒挽粉の話をしたところで、入店がありお暇しました。