店外観

かけ

冷たいうどん







楽しみにしていた山梨の忍野村の渡辺うどんへ行ってきました。富士吉田からは、はずれていますが吉田うどんのお店です。店構えは、普通のお宅にうどんののれん。座敷は、満席。奥のテーブルに相席していただきました。冷たいつけうどんとかけうどんを注文する。地元の人と学生さんといった客層。かけうどんは、いりこのきいただしに、油揚げにきやべつ・ねぎ。太い麺で、こしが強く、噛めばすいとんと似た感じもある。冷たいうどんのつけ汁は、温かくいりこでつくった味噌汁でした。こちらの麺は、固いと表現してもいい。うどんに添えたキャベツの触感がいい。なくてはならない理由がわかる。かけのときは、わからなかったが一本が長い。好みは、やわらかいがこしの強いうどんが好きだが、これはこれで美味しい。両方中盛りで注文したが、お腹いっぱいで苦しい。これで六百円は、ますます大満足でした。一番高い肉玉で六五十円だったかなぁ。美味しんぼにも登場した渡辺うどん店でした。

・・・卓上にあったウエットな唐辛子は、自家製で香ばしい。あれはなんだろう、
                        知りたい。誰か教えて・・・