和泉屋

せっかく神田まで来たので、「神田和泉屋」に行く。
眠庵で飲みすぎて昼下がりいい気分になって、歩いている途中に「まつや」を発見する。
そうだった、「まつや」も神田須田町一丁目だった。
ともかく、直進して「四季桜」に走る。
灼熱の太陽を浴びながら、寄り道せずに酒屋に到着できた。
昼日中赤い顔して、一升瓶を下げて歩く髭おやじは・・・。
四季桜の味を思い浮かべながら歩く。
中枢神経麻痺していたが、沖縄そばの誘惑にも負けず、行く途中満員だったつけ麺屋の誘惑にも負けずに歩く。
まつや

しかし、「まつや」の誘惑には勝てず。(発見した時に決めていたのだが)
都会のオアシスに到着。
キリンの小瓶(日本酒を飲みすぎた後のビールはまた美味い)ともりそば・板わさを注文。
短時間の滞在であったが、何時来ても心地いい空間である。
その後、須田町の交差点目指すも、赤信号に捉まり「こごめ大福」の誘惑に負ける。
大坊珈琲店

表参道で下車して、「大坊珈琲店」に久々に立ち寄る。
基本である、ブレンド20g100ccを注文。
久々に見るお湯を注ぐ姿だ。
タグラグビーは最近引退したそうである。
お代わりは、モカにした。
体のフィルターに染み渡る。
お水を口に含むとコーヒーの味が又広がる。
近くにほしいお店だ。