山田屋
18年も住んでいたのに知りませんでした。
松山の甘い物のお土産と言えば、
ぼっちゃん団子やタルトそして母恵夢(ポエム)でしょうか。
山田屋まんじゅうは、数年前に読売新聞で知ったのでした。
それを甥が松山土産として持って来たのです。
甥もやっぱり松山に住んでいた時には知らなかったそうだ。
こんな素朴なまんじゅうは田舎では受けないからだろうか。
山田屋まんじゅう
薄皮の中は、紫っぽい色の漉し餡が入っており甘さ控えめだが、甘味の余韻が残ります。
門外不出で製法を守りしかも、一子相伝で140年なんだそうだ。
今では、東京に直売所もあり、有名デパートにも置いてある。
一子相伝はだいじょうぶなのかと余計な心配をしております。
いつまでも昔と変わらぬ味を守っていただきたい。