本日は、茨城のそば買い入れの日。
雨もようの中、無事九時には到着。
そばを積み込み、しばしそばの話と世間話。
その頃には西の空が明るくなった。
手前は、そば畑。
筑西














桜川に立ち寄り
不作の時にお世話になる農家さんに御挨拶。
玄そばをチュックし、受け取り日を確認し別れる。
もう一軒の農家さんに立ち寄り
そば会用の玄そばを受け取る。
この農家さんこそが、我メインの生産者。
なのだが・・・
今年は、一町歩の畑(三〇〇〇坪)で、10対(225圈
300坪で、米袋にひとつですよ。
それも、袋を閉じる回数が普通3回の所、2回しか巻けない。
つまり、同じ重量入れると何時もより嵩が増している。
つまり、実入りが悪いという事なのです。
普通は、刈り取りなんぞしません。
そば会で生産委託している畑なので、貴重なそばなのです。
採算度外視です。
種蒔きが少し遅かったのが、敗因。
しかし、味的には遅まきの方が美味しい場合が多いようです。

その後お蕎麦屋さんで、友人達と合流。
最近一緒の行動が多い「粗挽き4兄弟」ね。(笑)
鬼怒川














鬼怒川
裏山














裏山
垣根














垣根の花々
入り口














今日のお蕎麦屋さんは、守谷「鬼怒川 竹やぶ」
アプローチ














アプローチ
看板














看板は、阿部チック?
そばチップ














車なので、ノンアルコールビールで我慢・我慢。
にしん














主だったつまみを注文。
わさびの茎ににしんに・・・
皆で行くといっぱいいっぱい食べられるのが良いわ。
湯葉














湯葉も汲みあげの感じが素敵。
玉子焼き1/2














二人前より注文の玉子焼きも各皿に盛り別けてくれる。
心遣いがうれしい。
田舎














見た瞬間に美味しいおそばだと分かるのはなぜなんでしょう。
甘くて粗挽き感もたっぷり。
田舎














今日のそばは、新潟産
美味しいわ。
鴨汁つくね入り














汁もつくねも美味しそう。
せいろ














色が綺麗だ。
先ほどのそばと味が同じなので、これも新潟産かな。
両方とも甘味が印象的。
かけ














このメンバーの最後はお決まり かけそばで、〆。
庭














洗面














庭や店内を眺めながら、
そば湯














泡だった濃いそば湯をゆっくり楽しむ。
まったりとよ〜ございます。
栗きんとん













お茶も新しい物を入れてくださり、栗きんとんを頂く。
居心地よくて長居をしてしまいました。
申し訳ございませんでした。
さあ、これから東京に帰って、
「 this is it」を観て来た奥さんと子供達と合流。
つつじヶ丘「シェフ」で晩ご飯。
それぞれが、地鶏・ポーク・ビーフ・牡蠣 そしてハンバーグ
統一しろよ。
と、ちょっと思う。
でも、ちょっとずつ突っついて食べるんだなぁ。これが。
シュフ、ゴメンネ!!
ポーク











今日は、全体的に塩分強めでしたが、相変わらずに美味しい。
最後の珈琲まできちっと美味しい。



明日は、明日でまた・・・楽しみ。