外観から
DSCF1316














入り口まで続く
DSCF1318














竹やぶワールド
DSCF1321














奥には、座敷
椅子のある座敷を選び
DSCF1322














まずは、ハートランドビール。
付け出しは、マッシュルーム煮
DSCF1323














お昼のコースを選び
日本酒に切り替える。
銘柄は、京都純米古都千年
DSCF1325














一工夫された、オリジナリティー溢れる料理

全員共通の料理の四種類に加え
ズッキーニとなすのゼリー寄せ
DSCF1327













 
こちらは、自家製豆腐
DSCF1328














こちらが、コース最後の卵焼き
皮が美味しい。
そうそう、フレンチトーストのあの味
DSCF1329














追加で、にしん一週間コトコト煮
まったく臭みがなくほろほろと身がくずれ
また添えられた、昆布が旨い
お酒は、京都吟醸桃の滴
DSCF1330














理想的な固さのそばがき
DSCF1331














今日の蕎麦は二種類
まずは、太打ち
割り箸の太い方もあろうかという蕎麦は、
噛んで噛んで食べる。
DSCF1333














手挽の細打
新そばであるが、フレッシュさよりも味がある。
美味しい。
もうちょっと長さがほしいかな。
DSCF1334














とろとろ豆乳プリンは、別腹です。
DSCF1336














帰り際に、お庭を案内していただき
DSCF1335














では、バイバイ

思い残す物は、
卵焼きと
天ぷら類と
かけそば(笑)だな。


調理から接客まで一人でこなしている。
これからもいい店を作り続けてほしい。


今日も、ご一緒していただいたのは

遠征仲間の通称「粗挽四兄弟」


こうなったら次も、竹やぶ系に行くか。