以前、福井産の蕎麦を紹介してくれた、
浜松の「三浜屋本店」の岩崎さんは元気かな!?


検索したら、

息子さんが後を継いで営業されている様子。




今度の休みは、産地廻りの予定が無くなったので・・・

会いに行ってみよう。





今日は、暖かです。

由比パーキングからの景色

2011_10250004


早く着いたので(予定通り・・笑)、西浜松インターから

自家焙煎珈琲の「ポルト・ボヌール」
で、モーニング

2011_10250006

モーニングセットのホットケーキ(サラダ、ドリンク付)
写真撮り損ねたので、こちらで

ドリンクは、カフェラテとエスプレッソダブル

2011_10250008

市内に戻って、浜松城

2011_10250009

日本庭園

2011_10250025

リスやカワセミに、出会い
癒される。

2011_10250016

さて、今日の目的地は、
「三浜屋本店」さん


綺麗で立派な建物


2011_10250031

鴨せいろと、海老の天ぷら

蕎麦は、北海道新そばの二八
細く端麗で、つるっとした

噛めば・・・


甘い

2011_10250032

海老天おろし

台は、うどん

うどんも、綺麗に切り揃えられて、
美味しい。


息子さんは、もう立派に売れる蕎麦を作っていました。

2011_10250033

お父さんとの出会いは九年前になります。
うちが、業界誌に取り上げられた記事を見て、
尋ねて来られたのが最初の出会いでした。

しかし、店は定休日。
話を少しして、お別れしたのでした。


驚いた事に翌日またご来店したのです。
行動力のある情熱的な方だなと感心したものです。



岩崎さんも自家製粉と、
手打ち蕎麦屋への転換を、
目指していたのでした。


私も同じ道を歩んでいたので、
いろいろ話はつきませんでした。

製粉設備を見学して、熱心に質問をしてお帰りになりました。
機械選びなど参考にされた様でした。




そんな岩崎さんが数年前、病に倒れられたのでした。


今日、元気なお顔を拝見出来ました。
もっともっと、お話もしたかったですね。
回数なんかじゃなく、心が通じるものなんです。


リハビリの一環として、蕎麦打ちをしているそうです。

是非、またお会いしたいですね。
その時は、打った蕎麦を食べさせてくださいね。