sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

自転車

狛江市の緑道ポタ

茨城土産前日行った茨城で、野菜などを買った。
初めて目にしたアピオスを購入。
当然今日の朝食は、茨城のそば農家さんにもらった新米と
平飼いの無農薬飼料で育てた海藻卵と
藁納豆でした。

本日のポタは、狛江散策です。
谷戸橋より野川に入る。
谷戸橋









小金橋手前に野川に下りる階段
小金橋手前









階段の場所から上流に向かって左手に野川緑道入り口があります。
入り口













野川地域センターの看板
柵の中に入って進む。
野川地域センター入り口













仙川通りに当たった所
通り向うに続きの緑道入り口
ここの角で志美津や初代が創業しました。
仙川通り













こんなダートの道が続きます。
ランドナーに合っていますね。
緑道













緑道のつづきに「野川緑地公園」がある。
野川緑地公園













「野川緑地公園」を出る。
渡った所が続きの道
緑地公園













車も進入してきますのでご注意ください。
通りはこんな感じ
イメージ













ここが出口
野川はここから左へ
小田急と交差して世田谷通りへそして現在の野川と合流する。
私はここを右折して
出口













セジュール


美味しいケーキ屋さん「セジュール」
の先を左折




ふきの塔


狛江三叉路にある
人気のパスタ屋さん
「ふきの塔」




交差点にあるそば屋さんのわき道を直進
細道













しばらく進むと右手に「岩戸川緑道」入り口がある。
岩戸川緑地公園













住宅の中に2〜3mの幅のダート道が続く
イメージ













突然、「岩戸川せせらぎ」に出る。
岩戸川せせらぎ













岩戸川緑道をでると、喜多見中学校に突き当たる。
喜多見緑道













ここから、喜多見緑道が始まる。
入り口













水道通りへ向かうもよし
多摩川へ出るもよし
色々使える道ですよ。
私は、時間が無くなり、喜多見と岩戸南の境界線をガサガサと帰る。
まったく知らない道ですが、昼なので自分の影を追って自宅に向かう。
世田谷通りから野川に出る。
ここはやっぱり人が多い。
野川



















大きな地図で見る

そばポタ

今日はそばポタ仲間と村山貯水池(多摩湖)へ行く予定。
しかし朝方の雨で、中止となってしまった。
午前中に脱皮の作業をして、
昼前に八百屋に仕入れに行く。
太陽も顔を出し、道路も乾いてるではないか。
これは自転車で出かけるしかない。

まあやんさんのブログで見たお蕎麦屋さんに行ってみよう。
野川をのんびりと行く。
これぞ自転車の散歩「ポタリング」である。
5kmも走らないで到着。

そば













かけも勧めていたので、追加注文。
市場調査も終り

好きで食べただけだろう。


・・・・


野川に戻りもう一軒覘いてみよう。
大魔神のいるそば屋

営業中のようだ。
次回の訪問にしょう。

と、通り過ぎたのだが、「越の寒梅」が頭をかすめる。
近いので歩いて帰る事にして、Uターンする。
そば屋













中に入って、「越の寒梅」と鴨せいろを注文した。
本日は「越の完売」でした。
とほほ
野川













野川から、旧野川 現在の野川緑道を帰ります。
野川緑道

100kmチャレンジポタリング

今日の目的地はここだ。
目的地













実は、これを見て
「境川という川をたどっていけば、どうやら江ノ島まで行けるらしいということを発見!」
それで、ルート検索してみると、片道50kmだ。
100km再チャレンジを決定した次第です。

6時30分自宅出発
出発



世田谷通りから
水道橋






鶴川街道より鎌倉街道を通り、最後のコンビニ ローソンで朝食を買う。
おにぎり二個と非常食に水、そして「から揚げ君レッド」だ。
横浜線の線路を越えて境川へ出る。
境川












まだ、通勤の人がいっぱいいます。
町田には、二年住んでいた。
なのに、駅のこんなにもそばを川が流れていたなんて知らなかった。
南町田を過ぎると、散歩の人が増えてのんびりした空気です。
綺麗なお姉さんとボディーガードの犬もいるし
犬のボディーガードをしているおばさんもいる。
幼稚園の女の子には、手を振ってもらって気分も上々だ。
昔から妹とお母さんはいっぱいできる私であった。
氾濫













葉も枯れた部分があり、木の中腹にゴミがついています。
氾濫したのでしょうか。
帰り道に目撃しました。
玄関に土嚢を積んでいるお宅がありました。

懐かしい光景
田園













単調な道ですが、標識があると確かにやる気が湧きます
標識









平日の今日すれ違う自転車乗りは、圧倒的にシニアが多いです。
大和・藤沢自転車道路も終り、藤沢からは467号を南下します。
川を渡り下を見ると船が沢山係留されています。
いよいよ海に近づいて「来た〜!!」
えぇ、あれって境川だよな。まぁいいか。そのまま467号を行くか。(頭の中)
ついに到着。
江ノ島入り口













江ノ島に渡って、たたみいわしをお土産に購入。(場所とらなくて軽い物)
その後、友人うけの為のみに最初の写真をセルフで撮って・・・(寂しい)
10時40分だ。お茶お茶お茶の時間・・・引地川経由は止めて来た道を藤沢へ向かう。
入り口
ラジオで知った、紅茶専門店ディンブラ 
紅茶研究家磯淵猛さんのお店
お会いした事は無いのですが、情熱的で同郷の方なのです。
前からお伺いしたかったお店です。
紅茶とケーキ

ダージリンのファーストフラッシュとレアチーズケーキ
紅茶を入れていただいた後は、ウォーマーを被せてくれます。

紅茶とケーキ
こんな奥深い香りのダージリンは初めてです。
さわやかなソースのレアチーズケーキも楽しめます。
3杯位は飲めますし、濃くなるのが嫌な方は新鮮なお湯も頂けます。


これは、何なんでしょう。
?

目的のひとつだった?飯田牧場は通り過ぎたのと探したけどわからなかった。
時間的にもアイスじゃなくて、食事だろうと言う事でそば屋へ向かいます。

そば屋


ご飯を食べたこの後、膝の上が攣ってきた。
南町田のモンベルでボトルを買う予定も、通り過ぎてしまう。
もちろん引き返す元気はなく、パス。

もう、100kmの目途はついたし、電車で帰りたい。
が、「輪行袋」がない。
今日持っているのは、「お袋・胃袋・堪忍袋」のみだ。
違うかぁ〜!!

あっ〜、疲れた。
鶴川を過ぎた所の坂で、ママチャリ・ビニール買い物袋男を抜く。
新百合過ぎた最高の斜面で、抜かれた。
下りで抜き帰す。
汚い、渋滞中に中央線から抜かれ、走り出してから抜き帰す。
狛江で居なくなったと安心したら、下り斜線を爆走している。
すべてが信号無視には、敵わないので勝ったところで枝道にはいってやった。
どこまで行くんだこの親父。
住まいが読売ランドだったら、完全に私の負けを認めよう。
おかげで、苦しまずに帰ってこれたぜ!!

走行距離 116.65km
平均時速  19.2キロ
最高時速  46.1キロ

無事走破しました。



リバーサイドポタ

自宅を9時5分出発
野川を下り
野川













水道道路より仙川を上り
心地よい風を切る。
仙川













鴨
美味しそう鴨
(不謹慎)








鯉
美味しいエキスよ、落ちて鯉







井の頭公園
人見街道より井の頭公園通りを通り公園に入る。






弁才天













公園内をゆっくりポタリング
そして、神田川を下る。
神田川













ちょっと水分と空気補給
神田川2













感動的な出会いの場面
左 神田川と 右 善福寺川
結婚し 「神田川」性を名乗る。
合流地点













昼ご飯には、ちょっと早いので珈琲タイム
グァテマラ深入りを注文
ペーパーフィルターに、4〜5回に別けて注ぐ
特別細い湯量でもない
グァテマラの心地よい苦味と少しの渋みを感じる。
ふぅ〜
これが、珈琲の醍醐味だ。 
宮本珈琲













取材お断りの店
開店前に並ぶ
店名は、内緒
そば屋













鴨ロースを注文
特別に、主人の前で堂々と隠し撮り
かも













善福寺川を上る。
善福寺川













先ほども飲んだので、ついでにグァテマラを注文
ここの店主は、濃いコーヒーは好みでないようです。
先ほどのコーヒーと違い、渋みをまったく感じない。
舌で転がすと苦味と酸味のバランスがすごくよい。
ここでも、
ふぅ〜
ウエストウッド













まるやまさんの新しい自転車とツーショット写真
自転車乗りのそば屋さん、増殖中!!
まるやま













水道道路を帰るつもりを変更し、怖い甲州街道をかっ飛ばし烏山の「サイクルベースあさひ」へ立ち寄り
仙川を下る。
4時40分帰宅

ランドナーには、川が似合います。
また、ゆっくり走るのが、似合います。
早く走れますよ。
そりゃぁ
たぶん
頑張れば
でも、ゆっくり走らないと見えない物があるんです。
ゆっくり走らないと感じない物があるんです。
だから、早く走ら・な・い・ん・です。
はい。

今日の走行距離48.26km
そば屋さん二軒と自家焙煎珈琲屋さん二軒
休憩合計 ん時間?

帰宅後、経堂の「季織亭」で待ち合わせ。
完全に、食べすぎですね。
いくら走っても足らない。

仙川坂ポタ

夜の坂はこんな感じだ。
滝坂













成城・岡本と続いた坂ポタシリーズ(シリーズにするな!!)
仙川の坂を走破せねばと思っておりました。
先日のナイトランに続き
条件も揃って、
ちょっと、調子に乗って行って来ました。

大きな地図で見る">
野川を矢戸橋から入って、登記所通りから甲州街道へ
つつじヶ丘入り口を過ぎると、滝坂下の看板
ちょっと進むと、左手に旧道入り口がある。
ま、一発目ですし・・問題ないです。
登り切り甲州街道を下る。
一本目を左へ
甲州街道と平行に走る。
売地の坂を行く。
京王線線路跡の坂(売地の坂)









かなりキツイが、ま、なんとか。
登り切って、考えた。
下から坂を一本一本攻めた方が、いいのではないか。
下ったのはいいのだが、京王線があるので向うに行けない。
また、登る。
辛い、心臓バクバクしております。
これが、京王線線路跡の坂とは、信じられな〜い。
キューピー前より、桐朋学園大脇を入っていくと
武者小路実篤公園入り口の脇の坂が、神明坂だ。
武者小路実篤公園入り口













自転車は、降りてください。(と、書いてありました)
下り切って、左へ
左手の坂を探しながら進む。
次に、若葉小脇の坂を登ると中腹より先は、階段でした。
元に戻り小学校前を進むと、左手にあった。
本村坂は、小学校裏手まで進み又鋭角に曲がり登っていく。
距離もある。
途中で、涼んでいる親子に怪しまれたかも?
と、又下る。(怪しい)
警察に、通報してないだろうね。
次は、大坂です。
大坂













周りが土で取り囲まれた、昔にワープした様な大変厳しい坂が、大坂です。
登りきった住宅街の道路の真ん中に、にゃんこ。
びびったぁ。
狛江から、仙川に向かうバス通りを突き抜ける形で横断する。
突き当たりが、NTT研修センターだ。
これを、右へ進むと宇賀神の坂(新左ェ門の坂)
宇賀神の坂(新左ェ門の坂)









おぅ、ここにもにゃんこ。
一匹目から数えて、5匹目だ。
ここら辺は、にゃんこ天国なのね。
大きな通りを、左へ
この坂が、NTT研修センターの坂
NTT研修センターの坂













登りきった信号の先、二本目を左へ
緑地が目印です。
予定は、ここを下ってビール坂下を出発地点の谷戸橋まで戻るつもりが、
成城テニスクラブ近くの坂を攻めて下って帰りました。
あ〜、平均時速14.2km
ナイトランと、言うよりは
ナイトクルージングでした。
走行距離11.07km
風が気持ち良いが、ちょっと怪しい奴だったかもしれない。
ライトをつけて、坂道は特に飛ばさないでくださいね。

お終いだにゃん。
Archives
livedoor プロフィール

志美津や

昭和39年 4月16日 
狛江市西野川で開業
昭和48年 9月 3日 
現在地 東野川に移転
平成10年 3月14日 
元アメリカ合衆国大統領
ジミーカーター氏ご来店

二代目店主

平成 3年「志美津屋」入店

平成 6年10月    
手打ちそばの販売開始

平成 8年 6月    
十割そばの販売開始

平成11年 7月13日 
改装開店・自家製粉開始

  • ライブドアブログ