sobaya な blog

そば屋なプログ 志美津や店主の食材産地めぐりやそば屋の訪問・おすすめの店紹介

賄い

残暑の冷し中華

NEC_0535熊本県産強力粉
「南のめぐみ」で、ラーメンを作る。

寝かす事、数日間


今日は、冷し中華を作る。

具材は、
錦糸卵
もやし
きゅうり
自家製鳥チャーシュー
岩茸


岩茸はこちら
こいつが、売っていた状態の乾物
NEC_0540
岩茸は地衣類の 一種
つまり、菌類で植物ではないらしい。
そんなもんたべるのか?

苔と共生しているで、
まず丁寧に水洗いする。
水が綺麗になったら出来上がり。

どこで、やめるかの問題だが・・・
お湯で煮て、取り出し刻んでトッピング。

料亭の場合は、酢の物が多いらしい。
で、冷し中華に最適と言う事です。

歯ごたえがあって、いいよ。

こちら、岩茸の天ぷら
NEC_0536











こちらは、もちもち感が出て、これもいい。


残暑厳しい折、
冷し中華は、お早めにお食べください。

チャーハン

本日の賄いは、チャーハン

NEC_0495


蕎麦屋じゃけん、当然ご飯じゃなく・・・
そばで、作っている。
まったくチャーハンです。

研究熱心な、見習い君が作っております。


明日から、半チャンそばのランチメニュー・・・か。




それは無い!!そうです。

食べ比べ

打つ職人で味が変わると言われますが、 
打ち手は私一人でしたので、
実際にそんな機会がなかった。


で、今日は、店主が打ったそばを食べる。
image











見かけは、変わらず・・・・・



って事にしておくれ。





口に運ぶと、弾力のあるかたさ。
エッジを感じる。

香りが強い。

粘りを感じる。
余韻が長くざらつかない。



などが昨日との違う感想が聞かれた。

味は余り違わないが、
確かに打ち手で旨いそばになる。





刺激しあって、もっと旨いそばを、
つくるぞ!

本日の賄い

image














本日の賄いは、見習いが打ったそぱ。

まだ、十回も打って無いので
形は、合格。



五人前一時間かかりましたが。
後は、経験ですね。

本日の賄い

今日は、うどんを食べる。
つまり、賞味期限だ。

おそばに飽きたら、カレーもね。


先日やっていた
カレー焼きうどん」にする。

image











カレー南蛮の汁なし・・・って、感じですかね。
もうひとつ何かをすれば、もっと美味しくなる。


と、思いますが・・・



キューピーの先生が作っているのだから、
私がやっても・・・・・

ま、かないません。
Archives
livedoor プロフィール

志美津や

昭和39年 4月16日 
狛江市西野川で開業
昭和48年 9月 3日 
現在地 東野川に移転
平成10年 3月14日 
元アメリカ合衆国大統領
ジミーカーター氏ご来店

二代目店主
平成 3年「志美津屋」入店
平成 6年10月    
手打ちそばの販売開始
平成 8年 6月    
十割そばの販売開始

平成11年 7月13日 
改装開店・自家製粉開始

  • ライブドアブログ